こどもの部屋(和室)はこども目線で。

b0306253_114112.jpg
これは、我が家の和室兼子供部屋です。(リビングソファからの眺め)



b0306253_1095957.jpg

キッチンは、夫の手作りです。お願いして作ってもらいました。
部品はホームセンターにて購入。水道本当にでてきそうです^^;。

b0306253_10133584.jpg

この絵本棚とままごとキッチンは、素敵な人気ブロガーさんを、参考にさせてもらいました。

b0306253_1022549.jpg


絵本棚に関しては、娘に何かいい絵本棚を探していた時、そのブロガーさんが紹介されてて、これだー!と思い、絵本棚の下の収納部分も一緒に、購入しました。いや、娘の1歳のお誕生日に、私の両親に買ってもらいました。これは、本当に買ってもらってよかったと3年経った今でも思います。





この部屋の家具は、全て大人の腰より下のものを配置しています。

b0306253_113484.jpg

ここでは、子供と一緒にローテーブルでお絵描きしたり、折り紙を折ったりと、直接畳に座っての作業が多いので、私達大人でも、圧迫感がないように…。

子供の目線で、パッと全てが見渡せたり、モノを簡単に取り出せるように、家具の配置や収納を心掛けています。


でも、家具の配置が低くく、壁に余白があるからと言って、それを埋めようとしないようにしています。



この部屋は、リビングと隣接していて、両開きの引き戸を開けると、普段はだいたい開けっ放しですリビング、ダイニングから丸見え。

なので、この余白部分があると、リビングのソファでくつろいでいる時でも、色んなものが目に飛び込んでこないので、スッキリ感が増します。


子供の部屋はどうしても色が氾濫してしまうので、ここに置いてあるものは、木のオモチャだったり、見える収納はプラスチックではなく、カゴを用いたりして、統一感を出してます。


カラフルなオモチャ達は、おし入れで待機。
子供の作品などを飾るスペースと、
押入れの中の収納については、また記事にしますねー。



b0306253_10304371.jpg

水周りは1歳の息子も気になるようで、いつもここでゴソゴソしてます



子供の部屋ではありますが、私にとってもお気に入りのスペースとなっている和室。
小さい子供と一緒に遊びに来てくれた友達とは、ここで過ごすことが多いです。

さぁ、今から年賀状に出す子供の写真選びです。いい顔してるのあるかなぁ!






最後まで読んで下さってありがとうございました。
ランキングに参加してるので、応援クリックしていただけると嬉しいです!

↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by moresimple | 2013-12-17 11:05 | 和室 | Comments(0)
<< 玄関に置いてある意外なモノとは…。 100円の優れもの。 >>