お気に入り子供の器。

「今テレビ見て。
コレ(息子の)誕生日のプレゼントにしようと思うんやけど。」


実家の父から連絡が入り見てみると
「夢の扉」と言うドキュメンタリー番組で、一人の女性がプロデュースする、
今、必要とされる伝統工芸品として、色々な器が紹介されていました。

帰って連絡があった時は車の助手席でみてましたホームページで見てみると、



内側に「返し」を付けることで、食べ物がスプーンにのりやすく、
すくいやすい、子どもから大人までみんなが、こぼしにくい器です。

家族みんなが楽しく食事するためには、まず
親子がストレスなく食べられることが大切だと私たちは考えました。

赤ちゃんや子どもにとってスプーンやお箸を使うことは、とても難しいことです。
まわりにこぼして、ついつい手を使ってしまう。
これは子どもにとっても、お母さんお父さんにとっても大きなストレスです。
そういった悩みを少しでも解決できる機能的なデザインを追求しました。
HPより。



という紹介文に惹かれ、愛媛県の砥部焼の大と小を、娘の分もおねだりしました。





父にオンラインから購入してくれたのですが、すでに注文が殺到していたのか、(昨年の)9月のはじめに注文して、届くのは10月終わりとのこと。

こちらから購入できます。こちら人気商品で、次回の出荷予定は3月とのこと…



そして、待ちに待って届きました!!


b0306253_11301735.jpg




それから、毎日娘はこれでご飯を食べてます。



商品の説明にもあった、返しの部分がよいのか、本当にこぼしにくくて、食べやすいみたいで、


和食の日も…
b0306253_11334774.jpg




洋食の日も…
b0306253_11351174.jpg





これでパクパク食べてくれています♡



この砥部焼は、直火以外なら、レンジ、オーブン、食洗機okなので、それも選んだ理由の1つです。



日本のホンモノが、子どもたちの豊かな感性や価値観をはぐくむお手伝いをしたいという、コンセプトでプロデュースされている器は、他にもシンプルで素敵なものばかりです。
お誕生日や、出産祝いなど、大切な人へのプレゼントに喜ばれそうです♡


b0306253_1201379.jpg


ここに、こどもだからと、ワレモノを遠ざけるのでなく、職人さんが心をこめてつくった器を普段から使うことで、丁寧に大切にモノを扱うことや、らんぼうに扱えば割れてしまうことなどを、楽しい食事を通して、学んでもらえたらうれしいとあります。



とはいえ、親としては、絶対に割ってほしくない!!^^;。

なので、息子にこの器で出すのは、まだまだ先になりそうデス。。。








最後まで読んでくださってありがとうございました!!
読んだ印にポチっとよろしくおねがいします!!
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by moresimple | 2014-01-09 12:30 | Comments(0)
<< ウンベラーダの挿し木。 挟むモノは変わったけれど…。 >>